スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幹糸

  • 2013/01/30(水) 01:02:00

うちでは

ハリス間隔 1.0m ハリス30cm 枝鈎5本バケじり1本
ハリス間隔 1.5m ハリス45cm 枝鈎5本バケじり1本
ハリス間隔 2.0m ハリス45cm 枝鈎5本バケじり1本

この三種類のますリーダーで仕掛けを作っています。

色々な仕掛けを作る際まず考えるのは
 「なぜこれなのか」 からスタートします。
既成概念からスタートすると新しいものができにくい気がする。
まず、どんな状態で魚が餌を取るのか からスタートし
なにが必要でなにが無駄か、
トラブルが起きるか起きないか(絡み)
強度
そして、もちろん釣れるのか。
当たり前のようだけど結構考えることの一つ?

ところで、実際マス仕掛けのハリス間隔やハリス長は
何cmがいいのか?

理屈をつけると実際どれも正しい理屈がつく。
どれも釣れるのである。

今シーズン結構当たっているのが
深棚用マス仕掛け
ハリス間隔 1.0m ハリス30cm 枝鈎5本バケじり1本の仕掛け

以前は胆振沖深棚用ます仕掛けは
ハリス間隔 2.0m ハリス45cm 枝鈎5本バケじり1本

これでいいと思っていた
「広範囲で探れるかな」

ところ、よく考えてみるとこの時期深場で釣れる
のはバケ尻とバケ上、
船頭さんが、「 棚80m 」

仕掛けを80mに投入
で釣れるのがバケ尻やバケ上。
仕掛けの全長が10mあるとしたら釣れた棚は90mということになる。
が、船頭さんに聞くとマスの棚は80m
つまり 80mにいるマスにバケと仕掛けを全部見せ
90m
まで誘い込み釣ったことになる。
こうなると、バケや毛鈎の色それと仕掛けのハリス間隔が
かなり釣果を左右することになる。
特にバケが仕掛の中で一番でかいパーツでありマスを誘うと考えれば
バケの近くにある鈎の色とハリス間隔を狭めることによって
マスから見たときにバケ周辺に毛鉤が密集したことになり
バケや仕掛けを追いかけやすくなる。

そうなれば、ダブル、トリプルの可能性は高くなる

以前は、深い棚はハリス間隔が広い方がいいとおもっていた。
が実際は間隔を狭める方がいい結果が出ているのが事実。
それと手返しもいい。スケソウがついた時には特に。

「逆だったのかなー」

つづく。

スポンサーサイト

想定

  • 2013/01/30(水) 00:02:39

131301.jpg
マスのバケ釣りはルアー釣り
多分こうじゃないかと自分で思うこと」。

餌はつけていない
毛鈎と、どでかいルアー(バケ)を動かして釣る。
当たり前のことだけど。

バケの色はどう考えればいいのか?
基本的には、まずマスに見えているかどうか。
水深・濁り・天気・太陽光の進入角度などで
かなり見え方は違うと思う。
魚が下から上を見たときどうみえるのか?
浅いところでは太陽光は時間帯によってかなり違った
状況になる。

朝、薄暗い時や曇り、雪などの状況で下から上を
見ると黒もしくは濃いグレイみたいな感じと思う。
濁ったら真っ暗に近いかな。

そんな状況でマスにはどんな色が見えるのか
人間だとしたら明るいトーンの色が見えると思う。
夜光・黄緑、白、黄色、オレンジ、薄ピンク・・・・・
濁ったフォグランプみたいなオレンジや黄色がな?
少ない紫外線で発色する蛍光色なんかもいいのかも。

澄んでいて、少し日の光がさしたときは?
水と光の関係から考えて、
水か澄んでいたら水は青い光を通し、
少し濁ると緑の光を通す。
この状況では青いバケや緑のバケが見えることになる。
濁ると黄色やオレンジの光が通りやすいと思う。

太陽の角度がかなり高い位置にあり水が澄んでいるとしたら?
たぶん下から見たら白っぽい光の世界かな?
そんなときは黒っぽいトーンの暗いいろがみえると思う。

深いところでは?
コイツがかなり厄介。
魚は人間と見えている色の世界が違うと思う。
深い暗黒の海中で泳いだり捕食しているのだから。
ただ深いところでは紫系の色が見えることは確からしい。
紫・コバルト系青・メキシコアワビ・・・・

しかし
未だにどう想定していいのかわからないバケの色。
色のつかないミラーやレーザーディスク?
とくにミララー(シルバー)・・・色がないのである。
周りの色を投影する性質。カモフラージュのかたまり。
ただ。どちらも少ない光を反射する。
魚からどう見えているのか?
しかしマスに近い色と考えれば納得かも。


ますのバケ釣りはミニボイル
バケを(マス)と考えその上に毛鈎。
マスが小魚を追い捕食しているように見せる。


アワビは?
ニュージーランド、メキシコ、日本アワビなどなど。
色々な色彩と模様の塊。
下地によって発色される色が様々。
特にメキシコや日本アワビなどは下地を黒くすると
黒・赤・青・ピンク・紫・緑などか多くの色彩を放つ。
ニュージーランドアワビは下地を黒くすると
青系・緑系の色を多く放つ。
それぞれ、状況に合わせて使うと効果があると思う。


特に
この時期から棚が深くなると
バケ尻やバケ上を中心に食ってくる。
深くなると仕掛けの中で一番大きな
バケを目印にマスが追いかけ
その近くにある鈎に食ってくると想定される。
もしそうであればまずバケの色は
かなり重要な要素になるとおもわれる。


つづく。

本当のところは

  • 2013/01/29(火) 19:22:26

131292.jpg

週末になるとシケ どうなっちゃてんの。

胆振沖のマスも月中から棚がふかくなり
先週から数もサイズも上向きだったのに
週末はシケ。

それでも先シーズンより釣果がいいせいか
毛鉤や仕掛けはぼちぼちうれている。

毎年毎年毛鈎や仕掛けを作るのだけど、
ここ数年は結構悩んでしまう。
いぜんは黒系の毛鈎を中心にタコベイト
を混ぜてハリス間隔2mハリス40~50cm
深棚で想定して作ればよかった。
ところが、10年ほど前から(はっきりしないが)
1月中は30m前後と浅棚で釣れるのである。
これじゃー日本海と同じ、1.5m間隔
グリーン中心の鈎。
浅いところの仕掛けも作らなくてはならなくなった。

毎度毎度同じような仕掛けを作るのも
進歩がないし、模索しながら
何かいいものをと考える。

お客様からあれが良かったこれがよかった
と話を聞いてそれをを参考に色々
作ってみる。

が、状況は

朝早くなのか、遅くなのか、昼近くなのか。
天気は晴なのか、曇りなのか、雪なのか。
水が濁っているのか澄んでいるのか。
棚が浅いのか深いのか。
スケソウがいるのかいないのか。
などなど色々な状況があり
それを想定して仕掛けを作らなければ
なかなかいいものができないように思う。

ところで、これだけたくさんの状況に
合わせて仕掛けをつくるのも、使うのも大変。

それである程度条件をくくらなくてはと思い。
1 早朝・濁り・曇り・晴れ・雪・朝棚
2 朝お日様が出て昼近く・澄んでいる・晴れ
3 深棚・濁りあり
4 深棚・濁りなし

  こんな感じで4っぐらいの状況に
 くくって仕掛けと鈎をかんがえる。

それにしても、バケはかなり重要になると思う。
仕掛けもバケも一体と考え状況に合わせる必要
があると思う。

続く。

仕掛けも

  • 2013/01/25(金) 19:47:34

在庫がなくなったので
DEEP用 W毛鈎2本付き

鈎間1.0mハリス30cm仕掛けを作成
131251.jpg

チップ用の オリジナルイカナゴ2.0サイズ
実はマスにかなりいい。

131254.jpg

毛鈎と組み合わせると
131252.jpg
131253.jpg

やっぱり深くなったら紫

  • 2013/01/23(水) 20:12:18

知人にお国の水産関係の機関の人がいて、
以前、深いところで魚には何色が見えるのか
たずねたら「」とのこと。
確かに深場の胴付しかけのほとんどが
ケイムラ(蛍光紫)フラッシャーを
使っているのである。
そんなわけで、マスの毛鉤も同じ
ように紫で。

前に 函館の漁業関係の方から
青森県のしりや岬沖深場のマス釣り漁に
使う 紫系の鈎オーダーがあった。

ちなみに
深いところではハリス間隔を短く
(100~120cm)ぐらいがいいみたい。
ハリスも30cmぐらいがおすすめ。
「鈎がよく動く」
バケのちかくにある鈎を中心に考えると
いいらしい。

紫をバケ上、黒をバケじりに
このセッティングが良かったとのこと。

131222.jpg

増産中
131221.jpg

深場の仕掛けはケイムラを使っている。
131224.jpg

深く

  • 2013/01/22(火) 20:28:17

勇払マリーナ タマリスクⅢさんから
「深いところ釣れだし、
ポーラーベアーピンク+紫のW鈎が
爆だった」。
「前半は浅棚でぼちぼち
後半に深いところでつれだし
W、トリプルで釣る人もいた」
と連絡がはいった。

急ぎ深場用の仕掛けと
ピンク+紫鈎作んなきゃ。


1番下のピンク紫のW鈎仕様
12093.jpg

ありがたい 感謝 感謝

  • 2013/01/18(金) 13:11:10

糸巻き台 なべちゃん制作
1192.jpg
1191.jpg

なんでも作っちゃおと言っても
みせの常連と言うより、取り巻き
さんたちのおかげでなりたっている。
木工職人・金属加工職人・など様々
なとりまきさんたちのおかげで色んな
ものができる。
ほんとうにありがたいことです。

今回の糸巻き台は10年ぶりのリニューアル
なべちゃんにこんな感じでとお願いしたら
こんなかんじで、
使って見ると実にいい。
さすが なべちゃん じぶんでも竿を作っているので
ジャストで作ってくる。


  • 2013/01/17(木) 20:33:08

13011.jpg
おくればせながらJIG作りスタート

ラメjigが流行っているのか最近釣り雑誌などで
よく見かけます。
なので 今回は全ラメはあまり作らず
新色のアワビソリッドカラー
ラメアワビ
試しに全ホロ粉塗しを作ってみました。



新作 全ホロ粉塗し
思ったよりもいい感じでできた。
でもちっとコスト高。
13016.jpg
13017.jpg
13018.jpg
13020.jpg
13019.jpg

新色のアワビソリッドカラー
130115.jpg

ラメアワビ
13014.jpg

42g・28g。14g
130121.jpg
以前から作っていた全ラメ
131171.jpg
131172.jpg

好釣

  • 2013/01/14(月) 00:03:42

心配していた今シーズンの胆振沖のマスが
思いのほか絶好釣。
そのせいなのかマス毛鉤がボチボチ売れ出した。
サイズも日を追うごとにアップし
このあともかなり期待できそう。

仲良くしていただいている
勇払マリーナの釣り船
タマリスクⅢも絶好調らしく
船長さんから いい情報が入ってくる。

今日はうちの常連達が出陣
初マスが食べられそう。

特にW鈎がいいみたい
1131.jpg

白老沖マス  きました

  • 2013/01/06(日) 19:40:53

なんとか今シーズンもマスがきました。

棚は浅く20~30m
サイズも1~2kg  1kg前後がメイン


マス毛鈎・仕掛もスタンバイ

オリジナルマス毛鈎 ¥160~
12203.jpg
12204.jpg
この毛鉤を使ってのオーダーも承っています。

浅棚用仕掛け ハリス間隔 1m
¥2780
12208.jpg
スタンダード仕掛け ハリス間隔1.5・2.0m
¥2780
12207.jpg
12206.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。