絡まないように

  • 2012/04/17(火) 19:24:04

k41405.jpg

13ft ルアーウエイト100g 2本継の竿です。

「投げるたびに絡んで、ラインは切れるし、ルアーはぶっ飛んでいくし」

ガイド位置を変える方法もあったのだが、(たとえば投げ竿と同じセッティング)
強度の問題と竿の曲りからみてこれは不可。
絡む本質の観点から、
思案の結果ラインが暴れるまえに次のガイドにさらに暴れる前に次の
ガイドへとラインの暴れを抑え込んでしまえばいいということで
2V部にガイドを2個追加してキャスティングテスト。
結果、「これ絡まんわ」ということでこんな感じでガイドをとりつけ。

メーカーのガイドセッティングは強度、バランス、キャスティングテストを繰り返し
100%に近いところでセッティングされている。
が、使うリール、ライン、ルアーそしてキャスターの技術やパワーなどで
様々なトラブルが起こることも事実である。

実際、遠投競技のガイド種類、サイズ、セッティングはメーカーのマニアルとは違うのである。

よくガイド設定の相談を受けることがあるが結構難しい。

k41402.jpg
k41401.jpg
k41403.jpg

スポンサーサイト