スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定

  • 2013/01/30(水) 00:02:39

131301.jpg
マスのバケ釣りはルアー釣り
多分こうじゃないかと自分で思うこと」。

餌はつけていない
毛鈎と、どでかいルアー(バケ)を動かして釣る。
当たり前のことだけど。

バケの色はどう考えればいいのか?
基本的には、まずマスに見えているかどうか。
水深・濁り・天気・太陽光の進入角度などで
かなり見え方は違うと思う。
魚が下から上を見たときどうみえるのか?
浅いところでは太陽光は時間帯によってかなり違った
状況になる。

朝、薄暗い時や曇り、雪などの状況で下から上を
見ると黒もしくは濃いグレイみたいな感じと思う。
濁ったら真っ暗に近いかな。

そんな状況でマスにはどんな色が見えるのか
人間だとしたら明るいトーンの色が見えると思う。
夜光・黄緑、白、黄色、オレンジ、薄ピンク・・・・・
濁ったフォグランプみたいなオレンジや黄色がな?
少ない紫外線で発色する蛍光色なんかもいいのかも。

澄んでいて、少し日の光がさしたときは?
水と光の関係から考えて、
水か澄んでいたら水は青い光を通し、
少し濁ると緑の光を通す。
この状況では青いバケや緑のバケが見えることになる。
濁ると黄色やオレンジの光が通りやすいと思う。

太陽の角度がかなり高い位置にあり水が澄んでいるとしたら?
たぶん下から見たら白っぽい光の世界かな?
そんなときは黒っぽいトーンの暗いいろがみえると思う。

深いところでは?
コイツがかなり厄介。
魚は人間と見えている色の世界が違うと思う。
深い暗黒の海中で泳いだり捕食しているのだから。
ただ深いところでは紫系の色が見えることは確からしい。
紫・コバルト系青・メキシコアワビ・・・・

しかし
未だにどう想定していいのかわからないバケの色。
色のつかないミラーやレーザーディスク?
とくにミララー(シルバー)・・・色がないのである。
周りの色を投影する性質。カモフラージュのかたまり。
ただ。どちらも少ない光を反射する。
魚からどう見えているのか?
しかしマスに近い色と考えれば納得かも。


ますのバケ釣りはミニボイル
バケを(マス)と考えその上に毛鈎。
マスが小魚を追い捕食しているように見せる。


アワビは?
ニュージーランド、メキシコ、日本アワビなどなど。
色々な色彩と模様の塊。
下地によって発色される色が様々。
特にメキシコや日本アワビなどは下地を黒くすると
黒・赤・青・ピンク・紫・緑などか多くの色彩を放つ。
ニュージーランドアワビは下地を黒くすると
青系・緑系の色を多く放つ。
それぞれ、状況に合わせて使うと効果があると思う。


特に
この時期から棚が深くなると
バケ尻やバケ上を中心に食ってくる。
深くなると仕掛けの中で一番大きな
バケを目印にマスが追いかけ
その近くにある鈎に食ってくると想定される。
もしそうであればまずバケの色は
かなり重要な要素になるとおもわれる。


つづく。

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。