マス竿

  • 2013/03/15(金) 21:15:08

苫小牧の釣り師Iさんのオーダーの
ブランクとバット入荷。


ブランクは(日本製) 6.3ft 8oz レギュラーテーパー

早速入荷の連絡したところ
リールをの持参していただいて来店。


リールをセットしグリップやバットとブランク
を仮付けし調整作業。


1303151.jpg

フロントグリップの位置や太さはバケを
長時間振り続けるのにかなり重要。
またリールシートの位置も同じ。


Iさんに、実際にバケとリールを付け
竿を持ってもらい、グリップの太さや
フロントグリップからバットエンド距離の
位置決め。

「バットEND 5cm カットだなー」

1303153.jpg

ジャーキングウエイトの測定
と調子の確認
本当はフィールドでできればいいのだけれど)

バケをふる際、何kgの荷重がかかっていて
なんkg持ち上げなければならないか測定。

重ければ10cmほどENDを詰めるとかなりかるくなる

フルブランクの場合
ブランクの前後を少し詰める
だけでもかなり調子が変わる。

今回は前後を詰めずフルブランクで決定。
後は実際に使ってみて調整することに。


1303155.jpg

塗装は、ブランクの外側にバイアスが巻かれ綺麗な模様が
できているのでホロとクリアーで塗装

1303152.jpg

後は残りのパーツが来たら組み上げ作業に

スポンサーサイト